わがまま科学者日記

純粋に科学のお話をしたい。。

研究と対話がしたい2022年

「生物学者は一年のうち1日は深く考え、残り 364日は闇雲に働けばよい。」江橋節郎 2022年になりました 本来なら「あけましておめでとうございます」というところですが、とてもそんな状態ではありません。「生物学者は一年のうち1日は深く考え、残り 364日…

科学者の人生(4)銃声から遠ざかれ

銃声から遠ざかれ。喧嘩は遠くから見ることだ。自分が喧嘩をするときは、自分の土俵で戦うことを考えよ。 エドワード・O. ウィルソン「若き科学者への手紙:情熱こそ成功の鍵」 日本の国際生物学賞も受賞したハーバード大学名誉教授のEdward O. Wilson (1929…

科学者の人生(3)好奇心が満たされるだけで十分

思うに、これこそが、科学の喜びの原点ではないでしょうか。好奇心が満たされるだけで十分。野鳥撮影をやりながらつくづくそう感じます。そして、これが、「私にとって科学とは」という問いに対する答えとしておきましょう。 竹市雅俊「私にとって科学とは(…

科学者の人生(2)科学のために生きている

私は科学のために生きているのだ。科学ができないというのなら、生きていく意味がなくなったのも同然だ。 セント=ジェルジ・アルベルト 「朝からキャビアを―科学者セント・ジェルジの冒険 - ラルフ・W. モス (著), 丸山 工作 (訳)」から セント=ジェルジ・…

科学者の人生(1)国境と世界史

Si la science n'a pas de patrie, l'homme de science doit en avoir une.. 「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」パスツール ワルシャワに戻ったショパンの心臓の近くで演奏されるショパン国際ピアノコンクールをネットで聴きながら、この文章を…

真のメンターとは何か?、神経薬理学から神経科学への発展

「研究は勉強ではないし、勉強であってはならない。研究は未知への冒険なのだ。」 ジュリアス・アクセルロッド 「実験をしろ、そして発見しろ。」 ソロモン・スナイダー 今回は最近気になった本を紹介します(上の言葉は、この本から引用)。 メンター・チェ…

パンデミックの中での国際引越(その2)

12月末で、米国での研究生活をやめて、日本に「無職」で帰国することになり、現在は日本で米国からの帰国に伴う2週間の隔離期間中です。 https://masahitoyamagata.hatenablog.com/entry/2020/12/02/030914 https://masahitoyamagata.hatenablog.com/entry/2…

パンデミックの中での国際引越(その1)

この12月末で、米国での研究生活をやめて、日本に「無職」で帰国することになったという話を書きました。 今回から、このパンデミック中での国際引越についていろいろ記録しておきたいと思います。 (1)Notaryの文化このパンデミックで困るのが、大学の事…

「無職」での日本帰国など(その2)

先日、個人のサイトで書いたように、今年いっぱいで日本に帰国することになりました。結局、研究を続けることができるポストが見つからなかったので、「無職」での帰国です。ハーバード大学との関係はアソシエートとして維持しますので、ハーバード大学関係…

scRNAseqの理解と研究のためのリンク集

日本語による解説 私(山形)が、脳科学辞典の項目として執筆してきた「シングルセルRNAシーケンシング」を脱稿しました。査読後、公開することになりましたら、こちらのリンクから見ることができるようになります。(12/23追記、査読が終了し、一般公開が始…

特別編 New Normalラボライフ(11月初)

11月初旬です。10月最後に雪が降って寒くなりましたが、11月になって暖かく、いわゆるインディアン・サマーと言われるような天気です。 大統領選挙も終わり、11/7時点ではまだ確定はしていませんが、結果も明らかになりました。しばらくごたごたするのかもし…

特別編 New Normalラボライフ(10月末)

10月終わり、10/30には2インチくらいの積雪がありました。 米国では、感染者数の増加が続いていて、マサチューセッツ州でもかなり増えています。新しい波ということで、大学の方でも、再びのロックダウンについての検討が行われているようです。 また、大統…

特別編 New Normalラボライフ(10月中旬)

10月半ばになって、秋さなかという感じです。 今年は、チャールズ川のレガッタレース、ハーバードスクエアのオクトーバーフェスト、カレッジフットボールなどが開かれないせいか、街中は人が少ないです。 米国では、中西部の州では多数の感染者がでていて、…

特別編 New Normalラボライフ(9月末)

9月末になりましたが、今年は割と気温が高いようです。また、ニューイングランド地方は記録的な干ばつということで、雨もほとんど降っていないようです。来週からは寒くなってくるという予報になっています。ボストンでは、10月になると、雪が降ることもあり…

特別編 New Normalラボライフ(インフルエンザ予防接種)

9月中旬になって、時々気温の低い日がありますが、まだ暑い日もあります。 今年はインフルエンザ予防接種を受けることの大切さをあちこちで目にします。私は毎年受けています。米国の健康保険ですと無料で受けることができるものが多い。大学ではクリニック…

特別編 New Normalラボライフ(新型コロナ検査)

9月になりました。気温は暑い日もあれば、涼しい日もあるという感じです。 寮に住む大学生は、毎週3回のCOVID19検査を受ける。そして私のような人は週に4時間以上キャンパスに滞在するということで、毎週1回の検査を受けます。ところが、まだ自分で採取する…

特別編 New Normalでのラボライフ(8月末)

8月末になり、キャンパスは若い学生がかなり増えています。また、州外のナンバーの車が多くなって、あちこちで引っ越しをしている様子を見かけます。 マスクをした若い学生が集まって、話しているのを見かけると、キャンパス内あるいはその近辺で感染が広が…

特別編 New Normalでのラボライフ(8月後半)

8月も後半になり、気温が下がってきています。早朝は半袖ですと寒さを感じる日もあります。 今週は、ノースカロライナ大学で対面授業を始めたら、1週間も経たないうちに、大きなクラスターが発生したというニュースが話題になっていました。他の大学でも似た…

特別編 New Normalでのラボライフ(8月半ば)

今週の前半まではかなり暑い日が続いていましたが、後半になって、気温が下がり、早朝は秋の気配が強まってきています。 毎週のPCR検査の方は、私は、これまで4回受けましたが、陰性でした。今後は、遠くまで歩いていかなくても、自分で採取して、それを提出…

特別編 New Normalでのラボライフ(8月始め)

8月になりました。暑い日が続きます。 今週からコロナウイルスのPCR検査を毎週受けることになり、火曜日に行いました。ラボからスタジアムまで30分弱歩いて行ってきました。戻るのに、更に30分かかるので、1時間ほど炎天下を歩いたことになります。昼の11時…

特別編 New Normalでのラボライフ(7月末)

COVID-19での大学のロックダウンからラボ再開まで120回続けた日記ですが、4ヶ月経過して再開が本格化したということで、先週で特別編を一旦中止することにしました。しかし、記録に残しておきたいようなことが、また出てきましたので、1週間に1回程度のペ…

特別編 New Normalでのラボ再開(その60)

くもり。ここ数日、気温が低めで、外を歩いても汗がでないような日になっています。 3月中旬から始まった「特別編 COVID-19でラボ閉鎖」60回、その後の「特別編 New Normalでのラボ再開」60回と、4ヶ月間の特別編は今回で終了することとします。 とは言って…

特別編 New Normalでのラボ再開(その59)

晴れ。 米国全体としては、感染は広がり続けているのに、マサチューセッツ州はほとんど収まったという感じで、再開ムードが高まっている。ラボの再開Phase2もそんな中で進められています。 秋から冬にかけて、また感染が広がっていくということになるのでし…

特別編 New Normalでのラボ再開(その58)

くもり。今週は天気が不安定で、時々、雷雨のような雨が降ったり、晴れたりしています。 大学から、ラボ再開の段階がPhase 2に移行するとの連絡がありました。Phase1では、ラボにいる人員を25%にするということでシフトが組まれていましたが、Phase2ではこ…

特別編 New Normalでのラボ再開(その57)

晴れ。夕方のキャンパスの風景です。 シフト制のため、週の半分は、昼間に家にいるわけですが、突然、ドアをノックする音がしました。客など来るはずもなく、何かと聞いてみると、Census(国勢調査)だと言います。既に、郵便で送られてきたものを提出したの…

特別編 New Normalでのラボ再開(その56)

晴れ。 米国では昔からレストランの「屋外席」というのがあって、夏場になると、頻繁に利用されていたのですが、新たに屋外席を作っている店も増えています。場所によっては、公道にはみ出して、そこに席を作っているところも。。 これは、許可が必要だと思…

特別編 New Normalでのラボ再開(その55)

晴れ。 ラボに行くのがシフト制ですと、 曜日の感覚が保たれるのはよいことなのか、悪いことなのか。 日曜日は日中オフになってしまったのですが、今までの研究生活でこういうことというのはしばらくなかったことです。 今朝は最近明るいと騒がれている彗星…

特別編 New Normalでのラボ再開(その54)

くもり。 COVIDで献血が少なくなっているそうですが、やはりこういう業務は続けられています。COVID前は列ができていたのですが、今は人がほとんどいないです。 COVIDは、いろいろな業界に影響を与えています。しかし、COVID以前に、こういう業界は安定業種…

特別編 New Normalでのラボ再開(その53)

くもり。 3月下旬から始まったロックダウンですが、全く実験ができない、更に最近もシフト制でとても中途半端な感じになっています。 この間の成果というのは、なかなか目に見える形ではでてきません。実験ができなくなって、思考がストップしてしまった4月…

特別編 New Normalでのラボ再開(その52)

晴れ。 ラボのある建物、そしてラボの中では、マスクをしないといけないので、マスクをして、実験をやっています。やはり、こもって頭がボーとしてくることがあります。小学生の頃でしたでしょうか、マスクというと、耳が痛くなるという思い出もあるのですが…