わがまま科学者日記

純粋に科学のお話をしたい。。

特別編 COVID-19でラボ閉鎖(その47)

きょうも晴れです。

f:id:dufay:20200505202009p:plain

4月から5月くらいというのは、大学院生のThesis Defenceの季節ということで、Zoomを使ったそういうトークが多いです。学科などの宣伝で流れてくるセミナーの案内でもそういうものが大部分を占めている。でも、こういうトークを聞いていると、やはり大学院生の学位審査ということで、壮大な研究内容を話すというものではなくて、そのプレゼンテーション技術はともかく、科学的に十分な満足感がないものが多いです。

 

そういう中で、神経科学系では世界的な規模で、セミナーシリーズを公開する試みが行われています。

このWorld Wide Neuroscienceというのは、英国の研究者が始めたもので、ヨーロッパや英国の研究者がセミナーを行うというものです。

worldwideneuro.com

 

こちらのNeuro Zoomというのは、スタンフォード大学の人と北京の人が主催しているもので、若手の研究者のトークが多い。

sites.google.com

 

こちらは、雑誌eLifeの若手キャリアシリーズみたいなものです。

elifesciences.org

 

昨日の夜はNeuro Zoomのセミナーを見ていましたが、日本のO先生が質問されていました。参加者を見ると、日本の若い研究者の方の名前が少ないように感じました。